経営陣

Kumar Prabhas

Kumar Prabhas

最高経営責任者

Kumar Prabhas は、Hinduja Tech Limited の最高経営責任者です。インド工科大学カーンプール校卒業後、テクノロジー業界で 25 年以上の経験があります。L&T Technology Services、Unisys、Sasken、Wipro、Multitech Software を経て、Hinduja Tech に入社しました。

Hinduja Tech の直前は、L&T Technology Services の最高執行責任者 (COO) 兼常勤取締役を務めていました。

Unisys では、Unisys (インド) のマネージング ディレクターとエンドユーザーサービスのグローバル責任者 のマネージング ディレクターを兼任していました。

Unisys の前は、Sasken Communication の最高執行責任者を務め、Sasken のサービス事業の大幅な成長を通じて同社を率いていました。Prabhas は、同社が IPO の成功に向けて準備する際に重要な役割を果たしました。

Wipro Technologies では、通信事業の世界的なセールス リーダーでした。Wipro の前は、Multitech Software に勤務し、他の 4 人と共に Multitech Software India の事業を開始しました。

Faiz Ahmad

Faiz Ahmad

製品エンジニアリング統括責任者

Faiz は、自動車およびエンジニアリング業界で 20 年以上の経験があります。Tata Motors、EDS Technologies、Sumi Motherson Group を経て、Hinduja グループに入社しました。

Tata Motors の組立ラインでキャリアを開始し、機械設備、機械加工、経営企画で実務経験を積みました。その後、設計と開発に移り、多くの新世代の商用車と乗用車の開発を指揮しました。

代替エネルギーとデータ分析に深い関心を持っています。また、ビジネス プロセスを改善するために多くの大規模組織にコンサルティングを提供し、組織の大幅な業績向上を実現しました。

Faiz は運用管理の MBA を取得した機械エンジニアであり、サイバーセキュリティとサイバー法の修士号、および国際ビジネス戦略の修業証書も取得しています。

Prashant Nirmale

Prashant Nirmale

デジタル テクノロジーおよび ソリューション統括責任者

Prashant は、IT 業界で 20 年以上の経験があります。Crompton Greaves、SAP を経て、Hinduja Tech に入社しました。コンサルティング、ソフトウェア開発、販売、管理などのさまざまな役割を主導し、業界の幅広い視野を身につけました。

長年にわたって、製造業向け IT アプリケーションの実装と管理、およびさまざまな地域にわたる大規模な異文化チームの構築で貴重な経験を積んできました。Crompton に勤務した後、SAP India の国際コンサルティング グループ (ICG) に加わり、国内外でプロジェクトを指揮しました。その後、SAP 内の事業の合理化の一環として、SAP カスタム開発組織に移りました。SAP に 10 年近く勤務した後、ドイツの企業に短期間勤務し、担当国の責任者としてインドでの事業を管理しました。

Prashant は、プネ大学でコンピューター エンジニアリングの学位を取得しており、最新のテクノロジーとそれらを活用したビジネス エクセレンスの実現に強い関心を持っています。

Vijay Malik

Vijay Malik

米国社長兼 EMEAおよび マーケティング統括責任者

クルクシェトラ大学で物理学の修士号とマーケティングの MBA を取得。インドおよび米国でのテクノロジー サービス、ソリューションおよび製品の販売とマーケティングで 29 年の経験があります。NIIT、Tata Elxsi、Syntel を経て、Hinduja Tech に入社しました。セールス マネージャーとして、大規模なセールス チームを指揮し、インドでの事業を成功に導きました。その後、コーポレート マーケティング マネージャーとして、設計と製造、マルチメディア、デジタル マッピングのグローバル リーダーとのパートナーシップの特定と交渉、およびインドでの統合ソリューションの立ち上げに尽力しました。

大手テクノロジー サービス企業の最年少のジェネラル マネージャーの 1 人として、セールス、カスタマー サポート、財務の各チーム (メンバーは 50 人以上) を率い、顧客満足度の向上とサービスの売上高の増加によって組織の収益性を高めました。

米国でのセールス キャリアで、変化の速い市場でのスタートアップ事業の確立と管理を成功させました。2002 年からグローバル デリバリー モデルに関与し、さまざまなビジネス モデルを概念化して、複数の Fortune500 企業で時間、コスト、品質の効率化を実現しました。また、販売実績で優秀賞を受賞しています。

Sanjay Patil

Sanjay Patil

セールス担当上級副社長 (インド)

Sanjay は、エンジニアリングおよび IT サービスで 22 年以上の経験を持つ機械エンジニアです。主に、ヨーロッパ、英国、インドの主要顧客の経営陣との関係の円滑化を図っています。Tech Mahindra、Geometric、Intelmac、SOLIDWORKS、Greaves グループを経て、Hinduja Tech に入社しました。エンジニアリング、PLM、製造、産業用オートメーションおよび制御、IT サービスでビジネス開発活動に携わっていました。

ヨーロッパ、中東、アフリカで、低コストの製品イノベーションと立ち上げを確かなものにするエンジニアリング アプローチによってオフショア収益の増加を加速させる、大規模なオフショア開発センター (ODC) のビジネス開発イニシアチブを成功に導きました。

Ganapathyraman S

Ganapathyraman S

最高財務責任者

商学部卒、Institute of Cost and Management Accountants of India (ICMAI) の準会員。Ganapathyraman の職歴は 32 年に及び、その間、製造業、再生可能エネルギー、情報技術サービスなどのさまざまな分野に従事しました。

複数の既成組織とスタートアップ組織の成長を成功裏に支援しました。約 10 年間、コンドームとフットケア製品の製造と販売に従事する 2 つの TTK グループ組織の財務部門長を務めました。Ganapathyraman は、これらの組織の成長、拡大、多様化において重要な役割を果たしました。

キャリアの初期には、Murugappa (自転車および重機エンジニアリング部門)、Hinduja (半導体受託製造事業)、WS Industries (高電圧電気機器事業) などの有名な企業グループに関わっていました。

キャリアの後期には、多くのスタートアップ企業のベンチャー キャピタルの資金調達と戦略的投資において重要な役割を果たしました。Hinduja Tech に入社する前は、風力発電/配電分野の 2 つのスタートアップ組織  (Coromandel Wind Energy Limited と Trishe Renewable Energy Solutions) の CFO を務めていました。これらの組織の前は、Novatium Solutions (Ericsson が出資、クラウド コンピューティング ソリューションを提供する組織) の CFO を務めていました。

Peter Stephenson

Peter Stephenson

人事統括責任者

Peter は、人事部門で 20 年以上の国際経験があります。IT、エンジニアリング、製薬、EPC 契約に関連する製品開発およびサービス企業など、さまざまな業界に従事してきました。Peter は戦略的アプローチを採用する結果志向のリーダーです。コンピテンシー開発、学習と開発、人材獲得、後継者育成計画、給与および福利厚生管理、社内コミュニケーションに関する人事業務を設計し、成功裏に実現する役割を担っています。

エンジニアリング/PLM 企業に長く関わってきたので、Hinduja Tech に入社する前は、グローバル HR 部門を担当する HR ディレクターとして、Prion PLM & IT Solutions に勤務していました。10 年間、Dassault Systems とそのブランド企業 (CATIA、DELMIA、ENOVIA、旧 Deneb Robotics など) のインド HR 統括責任者を務めました。Peter は、UAE ドバイの Al Shirawi Group of Companies で人事担当者としてのキャリアを開始しました。 仕事の一環で各地を訪れていたので、文化と慣習に非常に敏感です。

しばらくの間オーストラリアに移住し、帰国後、Hinduja Tech に入社しました。現在の役割では、人事業務のフレームワークを構築し、組織のニーズに合わせてそれらを調整することに幅広く取り組んでいます。組織価値の構築と制度化、およびポリシーとプロセス、L&OD フレームワーク、業績管理、HR 変革イニシアチブを含む人材管理イニシアチブの作成と開発において、文化的に非常に重要な役割を果たしています。また、彼のポートフォリオには、移住、コーポレート コミュニケーション、人材獲得も含まれています。

Peter は、IIM Bangalore の認定 Next Generation CHRO であり、ティルチラーパッリの SJC で PMIR の修士号を取得しています。